NPO法人 栄養医学協会 NPO法人 栄養医学協会講演会などイベント情報 > 「医」と「食」をつなぐフォーラム2015

講演会などイベント情報



「医」と「食」をつなぐフォーラム2015
  『しあわせは いつも いま』


「こころ」と「からだ」は一つです。食事で栄養を摂るように、「こころ」を養う栄養となる素敵なエッセンスがたくさん詰まったお話しをお聞きいただけます。

セミナー情報


開催日: 2015年10月17日(土)
時 間: 14:00〜16:00 (開場13:30)
会 場: 神戸国際会館 セミナーハウス9階大会場
講 師: 山崎 陽子氏山崎 陽子(やまさきようこ)氏
立教女学院卒業後、宝塚歌劇団入団
童話はミュージカルとして上演され、絵本は中国、韓国ドイツ、フランス、アメリカなどで翻訳されている。朗読ミュージカルという独特の舞台の評価は高く、中でも「山崎陽子の世界Y」は文化庁芸術祭大賞を受賞。遠藤周作さん主宰の素人劇団「樹座」の脚本を、20年間執筆。
主 催: NPO法人栄養医学協会
共 催: 公益社団法人兵庫県食生活改善協会 神戸市管内勤務栄養士会 株式会社ドクターミール

今回はスピリ チュアルバージョンとして、10月17日(土)に神戸国際会館9階の大会場で童話作家の山崎陽子さんをお招きして講演会を行いました。
パワーポイントもレジメもない、マイクから伝わる山崎陽子さんのお話だけが 響きわたる会場…。
参加者のみなさ んは山崎陽子さんの世界に耳から引き込まれました。
参加された方のアンケートには、
「褒めて褒めて子育てしていこうと思いました」
「いつだってしあわせになれるんだという哲学を感じました」
「本当にこんなに笑ったのは久しぶりです」などなど、いろいろな山崎陽子さんの目線からの自分の世界に置き換えて考えに浸った1時間半だったようです。

また、どんな状況にあるときも食べることは心身ともに大切だということも改めて気づかされたという、お声もありました。

山崎陽子さんの お話の中には30年以上にわたる介護や息子さんの事故の大きな後遺障害のお話、本当にいろいろ考えさされました。

食べるという行為は気持ちに強く栄養を受けるものだと思います。
心が「いつもしあわせ」を感じているなら、生きていく活力のもとである食べることも生活の一部として大切な位置づけだと思えるのです。
「しあわせはいつも いま」を心に思って、私達はこれからも頑張って食からの心身ともに健康を発信していきたいと思います。

山崎陽子さん、ご参加いただいたみなさま、本当に有難うございました。

さて、医と 食のフォーラムの来年度は新たにシリーズ化した認知症の講演を行ってまいります。
認知症と言う病 気の事、認知症の人と私達ができること、認知症の人ができることなど、皆さんと一緒に学んでいきたいと思っています。

詳細はホーム ページなどでご案内いたします。
是非、ご参加いただきたいと思います。

講演会の様子

講演会の様子講演会の様子