NPO法人 栄養医学協会 NPO法人 栄養医学協会講演会などイベント情報 > 『医と食をつなぐフォーラム2015』

講演会などイベント情報



『医と食をつなぐフォーラム2015』
  医食同源…食は命・歯は命
 〜お口は健康の入り口・歯は人生の入り口〜



セミナー情報


主 催: NPO法人栄養医学協会
共 催: 公益社団法人兵庫県食生活改善協会
神戸市管内勤務栄養士会
株式会社ドクターミール
講 師: 杉岡伸悟先生
  歯学博士 大阪歯科大学講師・付属病院中央手術室主任・大阪歯科大学準教授を経て2013年開業(シティタワー神戸三宮歯科院長)

※兵庫県介護支援専門員協会研修単位認定講座 C-2単位

神戸の山の手にある、ラッセホールで開催しました。ご参加いただいた方はドクターミールのお客様やご家族の介護をされている方々、また現役の管理栄養士さんや、ケアマネージャーさん、看護師さん、理学療法士さ んなど医療の現場に携わる職業の方々も多くご参加くださいました。

「ご講演いただいた先生の治療方針や考え方に感動しました!」と講演が終わってすぐ感想を伝えてくださった方は、後店舗にいらして、「杉岡先生に歯科のかかりつけ医さんになってもらうことにしたの」と教えてくださいました。また、嚥下の訓練や歯の治療について納得できたという感想からも歯について皆さんの関心がとても高いことが伝わった講演会でした。

歯のケアも自分が納得して行うのと、そうでない場合とではずいぶん違うことを 私も実感しています。

杉岡先生のお話で特に印象に残っているのは、かみ合わせに関してです。
私たちはお食事をするときの注意点として「30回噛みましょう。ゆっくり噛みましょう。」と、栄養アドバイスするのですが、食べ物をすりつぶす歯はある特定の歯であることは知りませんでした。

講演会依頼、栄養のお話をするときは必ず、歯についても触れるようにしています。
そうすると、歯の治療をしたおかげで、食生活がとても改善したという例がこの2か月にも3件ありました。透析治療をされているのですが、歯の治療(入れ歯の調整)をしたことで、食生活が大きく変化し、リンやカリウムの値はもちろん、水分摂取量のコントロールも容易になったとのことです。

実体験して、私自身とても大きな発見でした。

これから高齢化社会に突入し、' ”美味しく食べる”ということが、生活を豊かにするうえでも健康状態を保つ上でも、大変重要だと感じています。そのためにケアしておく必要のある歯について、深く勉強できました。

次回は、10月17日土 山崎陽子さんのご講演を予定していま す。

講演会の様子

相手に好かれるコミュニケーション術放射線防護食糖尿病と慢性腎疾患の予防