NPO法人 栄養医学協会 NPO法人 栄養医学協会 > ヘルスコンセルジュとは
ヘルスコンセルジュとは

「栄養医学」発信のプロのアドバイザーが必要


メタボリックシンドローム等の未病対策として、人々の生活の 根本である「食」を中心とした生活習慣の見直し改善が国レベルで発信される時代になりました。

管理栄養士や医師など医療に携わる人の資格は国家資格を取得しただけで その仕事がまっとう出来るわけではありません。
資格を得た時がスタート時点、それから先にその職種の担い手としての研鑽を 積んでゆくことが必要です。とくに、全ての「人の健康に携わる仕事」は“栄養医学に関する 知識やマナーをベースに、人とのコミュニケーションを円滑に保てる”ということがとても重要な 要因であると考えています。知識があっても伝達の術(すべ)がなければ、健康発信はできません。
日々の食生活が生活習慣病等の未病対策に大きく影響することは周知の事実ですし、 また、どのような最新の医療や施術をうけても、栄養状態が悪ければ治癒力に深刻な影響を与えてしまいます。
全ての医療従事者に「命は食にあり」をポリシーにし、それぞれの職種での活躍を期待することで、 健康の底上げができ、より高度な医学への貢献につながると考えます。

全ての健康の基本は「栄養医学」といっても過言ではないと考えています。

そこで、この度医療専門職の資格を持つ方々対象に“ヘルスコンセルジュ”の養成を行い、 資格を認定するためにNPO栄養医学協会を立ち上げました。



医学と食をつなぐ担い手ヘルスコンセルジュの育成・認定を行います


食からの健康を発信する啓発活動の担い手として、管理栄養士及び医療スタッフの有資格者を対象に、 プロのアドバイザー“ヘルスコンセルジュ”の育成を行います。
何をどれだけ食べたら良いのか・・、どのように伝えたら良いのか・・など栄養医学を中心に プロのアドバイザー・ヘルスコンセルジュとしての研修を積んだ上で、 試験の合格者にはヘルスコンセルジュとして認定をいたします。



ヘルスコンセルジュには2つの資格を設けます


ヘルスコンセルジュ:
医師・歯科医師・保健師・看護師・栄養士・薬剤師・臨床検査技師・臨床工学士・ 理学療法士・柔道整復師・歯科衛生士・・・etc.
その他、医療に関わる国家資格に準ずる資格を有するもの (詳しくはお問い合わせください)

ヘルスコンセルジュMedical
管理栄養士資格を有するもの
クリニック・病院等の診療の一環としての栄養指導を担えます

医療機関(病院・クリニック)院内売店歯科クリニック調剤薬局ドラッグストア・ フィットネスクラブ健康保険組合接骨院エステティックサロン企業の商品販促